もう失くさない!落し物を追跡できる超小型デバイス「MAMORIO」が神がかってる

欲しいもの

今回は、「MAMORIO」(マモリオ)という便利デバイスについて気になって調べてみたのでご紹介します。これは本当にすごくて僕もガチで導入を考えてます。落し物をして困ったことがある人は絶対「おお、これは!」と感動すると思いますので、しばしお付き合いを。

そもそも僕はものを失くしたり落としたりすることが多いうっかり人間でして、鍵とかスマホとか財布とか、結構な頻度でどこかに置き忘れてしまいます。

僕はiPhoneを使ってますが、これには「iPhoneを探す」という機能が付いていてブラウザ上からGPSで本体がどこにあるか追跡できます。実際に僕もこの機能にお世話になったことがありまして、調べたら路線バスの終着地の車庫にあり、自転車ではるばる小一時間かけて取りに行った苦い記憶が……。

いったこともない土地まで取りに行くのは骨が折れましたが、しかし紛失したのがスマホだったからそれで済んだんですよね。

これがGPSの付いてないものだったら(というかほとんどのものにはついてないと思いますが)……例えば鍵とか、財布とか、カバン、あるいは自転車の盗難とか……そんなんだったら追跡することはできないし、心当たりのあるところを必死に探して、見つからなければ警察に遺失物届けを出して悶々としながら報らせを待つくらいしか方法がありません。

持ち物の紛失を防げるアイテム「MAMORIO」

ちょっと前置きが長くなりましたが、実は、そういう通常は追跡が不可能なモノにくっつけて、紛失を防止&クラウドトラッキングという手法で追跡を可能にするデバイスが「MAMORIO」なんです。


見た目はこんなやつ↑で、3グラムという超小型・超軽量。
「お守り」みたいな形状なのはMAMORIOとかけているんでしょう。うん……まあダジャレの良し悪しは別として覚えやすくてよろしい。

これがどういうアイテムかというと、いろいろ多機能ではあるんですが基本的には「持ち物の置き忘れを防いでくれる」というものです。

手元から離れると、即座にスマホに通知が来る

MAMORIOはスマホと一緒に使います。
使っている(いつも持ち歩いている)スマホに専用のアプリをインストールし、MAMORIOの本体とスマホをBluetoothで接続してペアリング(同期)し、紛失したくないものにそのMAMORIO本体を取り付けます。

たとえば家の鍵ならキーホルダーとして付けておけばいいですね。このMAMORIOくらいなら小さいので邪魔になりません。

こうしておくと、スマホとMAMORIOをとりつけた持ち物の距離が離れた時、スマホに「鍵は手元にありますか?」とプッシュ通知が届きます。

これならば紛失することはありませんし、それだけでなく忘れ物も防止することができますね!

これでもう、会社に行こうと家を出て駅まで着いたところで「うわあああ定期入れ忘れたあああああ!!!また自腹出社かあああ!!!」と死にたくなることもありません。ちなみに僕は年に数回はやります。

僕のようによく物を忘れたりなくす人って基本的に注意力が足りてないと思いますので、「スマホの通知」という形で外部からの警告があるってのは理想的だと思います。自力で忘れ物をなくそうと思ってチェックリストとか作っても、それをチェックするの忘れますからね普通に。

万が一、通知にも気づかず紛失してしまったら

さて、このMAMORIOの機能はこれだけではありません。

通知があったのにもかかわらずMAMORIOを取り付けた持ち物を紛失してしまった場合、アプリやPCから、「その持ち物が手元(ペアリングしたスマホ)から離れた場所」を地図で確認することができます。基本的にはこれで「ここでなくしたんだな」というのがわかるんですね。

例えば、何件か飲み屋をハシゴしているうちに鍵をなくした、なんていう場合、地図に表示されているお店に行けば失くしものが見つかる可能性が非常に高いということですね。

そして、それでも見つからない場合ですが、このMAMORIOの「クラウドトラッキング」機能で失くし物を追跡することができます。

これがどういうものかというと、自分以外のMAMORIOユーザーが自分が紛失した持ち物につけたMAMORIOとすれ違うと、その時間と場所を知ることができるんです。

例えば自分が財布を置き忘れた店に誰か別のMAMORIOユーザーが出入りすると、「その時点でまだそのお店に持ち物が存在している」ということがわかるわけです。「紛失した時点」だけでなく、その後も他のユーザーの手助けによって荷物の追跡が続いていく、ということなんですね。

これは逆に言うと、MAMORIOのアプリを使っている限り、自分も誰かの紛失物さがしに協力しているということになるわけです。
これは、自分が誰かのMAMORIO端末とすれ違った情報を送信するということなので、ちょっと不安に感じたんですが、自分がどこにいるかなどの個人情報は、サーバー上でのみ通信が行われるため、他のユーザーに自分の情報を知られるということはない模様。これならば安心ですね。

購入前に確認しておきたいこと

ここまで見てきたように、持ち物の紛失を防ぐために、また紛失物を見つけるために、このMAMORIOは非常に有効なデバイスです。

しかし、誤解を招かぬようにここではっきり書いておきたいことがあります。

それは、MAMORIO自体にはGPS機能などは付いていない、ということ。

MAMORIOが持っている通信機能は、スマホとのBluetooth接続だけです。ですので、「紛失物の現在の位置を追跡できる」というわけではありません。

理想を言えば、リアルタイムで追跡できた方がいいに決まってますよね。いい例かわかりませんが、「名探偵コナン」でコナンが犯人の車に取り付けるような小型のGPS発信器をもっと小型化して、財布や鍵などに付けておければ、もちろんそれに越したことはありません。

でも、少なくとも現代の技術ではそれは非常に困難と言えます。
まずは小型化が難しいということ。発信器としての精度を維持したまま、数グラムまで小型化することはほぼ不可能です。将来的にはわかりませんけどね。

さらに、バッテリーの問題があります。
GPS信号のやりとりは電力を食いますので、小型化する場合少なくとも数日ごとに充電しなければならないでしょう。忘れっぽい人がそんなにこまめに充電するかというと、まあ忘れますよね。そしていざという時には充電が切れている、という本末転倒な結果になること間違いなしです。

こうした問題に対するひとつの回答が「MAMORIO」だと思います。

MAMORIOは、位置情報に関する機能をスマホ側に任せてしまうことで消費電力を非常に小さく抑えています。それにより、わずか3グラムという小さなサイズながら、約一年間は電池交換なしで稼働し続けるんですね。
それゆえリアルタイムの追跡はできませんが、アプリとサーバー側で「クラウドトラッキング」システムを構築することで、紛失後の追跡に対応しています。

つけっぱなしでOKで、常につけておいても邪魔にならないほどの小型化。
これが実現されています。

現実的なラインで最も効果的に「紛失を防止する」ことを極限まで追求したデバイスが「MAMORIO」なんだろうと思います。他にも紛失防止タグがある中、僕がこのMAMORIOに目をつけたのはそういう点が絶妙だったからでもありますね。

どんな人ならMAMORIOは「買い」なのか?

僕はこの記事を書いている時点でほぼ導入を決めていますが、一般的にどういう人にこのMAMORIOは向いているんでしょうか?

ものを失くしやすい人、忘れやすい人すべてに使って欲しい

物忘れの激しいひとは、忘れっぽい人は、はっきり言って脳というか精神がそういう構造になってることが多いです。劣っているというわけではなくて、狩猟民族的な傾向とでもいいましょうか。

そういう人は独力で頑張ってもなかなか忘れ物や紛失が減らないと思います。僕もそういう人で、「ADHD的な傾向あり」と診断されたこともあるので「うっかりタイプ」の人の苦労は分かるつもりです。

上にも書きましたが、そういう僕たちは自分ひとりで「気をつけよう!」と頑張るよりも、他人や外部からその都度注意を受ける方が現実的にミスを減らすことができますので、このMAMORIOは救世主的な存在になりそうです。

しかも3500円というお値段。
これを高いと思うか安いと思うかは人それぞれなんでしょうけど、僕は単純に「えっ、こんなに安くていいの?!」と思ってしまいました。

あれ?財布どこやった?
あそこか?行って探してみるか……。
ない!
うーん、交番に届けよう!
(数日後発見され、往復1000円かけて遠くの駅まで受け取りに行く……)

みたいなことをやって、大事なものを紛失するたびに5、6時間は棒に振ってきたからです。僕は会社員をしながらフリーでも仕事をしているので、時間を失うことはお金を失うことと同義。時給1000円で計算しても毎回5000円づつ無駄にしていることになります。

これをなくせるなら、3500円は安い、と思いました。

ユーザーの少ないに住んでいる人には若干メリットが薄いかも

逆に、お勧めできない……というほどではないんですが、人口密度の低い地域に住んでいる人は「MAMORIO」の恩恵をフルには享受できないかもしれません。

というのは、「クラウドトラッキング機能」は他のMAMORIOユーザーによる「すれ違い通信」を利用しているので、自分以外周りで誰もMAMORIOを利用していないような状況だと、紛失後の追跡はほぼできない、ということになってしまいます。

まあ、それでも「手元から離れたら通知が来る」「紛失した時間と場所がわかる」という機能だけでも十分に利用価値はあると思うんですが、都市部のユーザーが受けている恩恵を受けられないと思うとちょっと損した気分になってしまうかも?という気はします。

スマホのバッテリー残量をシビアに気にしながら使っている人は要注意

MAMORIOはその仕組み上、スマホのBluetooth接続を常にONにしておく必要があります。ですので、そこまで大差はないかもしれませんがいくらか電池の減りが早くなることは確かでしょう。

母艦となるスマホの充電が切れてしまてはせっかくのMAMORIOも機能しませんから、いつもバッテリーギリギリでスマホを運用している人には向かないかもしれませんね。

ユーザーが増えれば増えるほど追跡の精度も増していく!!

最後に、このMAMORIOはユーザーが増えれば増えるほど紛失物追跡の精度が上がっていくものだということを強調しておきたいと思います。

基本的には「紛失しない」ことを目的としたデバイスではありますが、やはり紛失した際の追跡機能も大きな魅力。僕がこの記事で、まだ品物が届いていないのにもかかわらずこうやってセールストークみたいなことを書いているのは、結局そういうことですねw どんどんMAMORIOユーザーを増やし、クラウドトラッキングをより「使えるシステム」にしていきたいと。いつ自分がお世話になるかわからないですからね〜w

僕も注文しますので皆さんもじゃんじゃんMAMORIOユーザーになって、ともに落し物探しの強力なネットワークを構築しましょう!!

実際に使い始めたら、別記事で使用感などもまとめてみたいと思います。

それではまた!

コメント